食器棚の正しい処分方法5つやかかる費用の目安を詳しく紹介

食器棚を開ける女性

そろそろ食器棚を新しく購入したいのですが、古い食器棚の処分方法に悩んでいます。結構サイズも大きいので処分するのが大変そうで…何か良い方法はありませんか?

食器棚はサイズが大きいので、どうやって処分しようか悩む方が多いです。自分で運び出すのも大変ですし、だからといって分解するのも面倒ですよね。ベストな処分方法は状態やサイズによっても異なります。まずはどんな処分方法があるのかを知るところから始めましょう。

大型家具である食器棚は、気軽に捨てられるものではありません。粗大ごみとして出すなら事前に申し込みが必要ですし、フリマサイトやオークションサイトを使うとなるいつ頃買い手がつくのかもわからず、処分までに時間がかかります。

そこでおすすめなのが不用品回収業者に依頼して処分する方法です。食器棚の処分方法と不用品処分業者を検討するべき場合・業者を選ぶ際の注意点を紹介します。

食器棚を正しく処分する5つの方法

食器棚を正しく処分する5つの方法

食器棚ってどうやって処分するのが正解なのかわからなくて…粗大ごみとして捨ててしまう以外に何か方法はありませんか?

粗大ごみで処分するのが一般的ですが、その他にも様々な処分方法があります。処分方法によってかかる費用も異なるため、何を重視したいかによって選ぶべき処分方法が変わるでしょう。より負担が少なく、楽に処分できる方法を見つけてくださいね。

食器棚の処分方法は5つあります。

  1. 自治体で処分する
  2. 買取してもらう
  3. 販売する(オークションサイト・フリマサイト)
  4. 店舗で引き取ってもらう
  5. 不用品回収業者に依頼する

5つの方法の特徴を見ていきましょう。

自治体で処分する(粗大ごみor可燃ごみ・不燃ごみ)

自治体で処分する方法が最も一般的です。自治体で処分する方法は、さらに以下の3つに分けられます。

指定された収集所へ持ち込む方法

各自治体に設置されている収集場へ自己搬入して処分します。自分で搬入する手間はかかりますが、その分格安もしくは無料で回収してもらえる点がメリットです。

ただし、食器棚のサイズによっては軽トラックなどをレンタルしなければならず、レンタカー代が別途必要となるケースもあります。

自宅近くの指定収集場所に出す方法

自宅近くの指定収集場所に粗大ごみとして出しておく方法です。収集場への搬入よりも搬出場所が近いため楽ですが、事前の申し込みや粗大ごみ券の購入といった手間がかかります。

分解して可燃ごみや不燃ごみとして捨てる方法

食器棚が木材でできており、解体が用意にできる場合は分解して可燃ごみ・不燃ごみとして捨てる方法もあります。可燃ごみや不燃ごみとして出すことができれば、基本的に費用はかかりません。

自治体によって制限サイズが異なるため、事前に可燃ごみ・不燃ごみとして出せるごみのサイズを確認しておきましょう。

また、安く抑えられる点はメリットですが、解体には時間も体力も要します。最後まで解体できなければ、結果的に粗大ごみとして出すことになります。そのため、食器棚が解体しやすいかどうかは、しっかり見極めたほうがよいでしょう。

買取してもらう(リサイクルショップ)

リサイクルショップで食器棚を買取してもらうことができれば、処分費用が抑えられます。まずは買取してもらえるかどうかを業者に確認し、実際に査定してもらいましょう。

人気ブランドの食器棚や状態の良い食器棚を処分する際は、特におすすめの方法です。ただし、食器棚はサイズが大きくお店に持ち込むのが難しいため、出張買取を実施しているリサイクルショップを見つけなくてはいけません。

販売する(オークションサイト・フリマサイト)

食器棚を開ける女性

まだキレイな状態で使える食器棚や、有名ブランドのもので古くても価値が高い食器棚の場合はオークションサイトやフリマサイトを使って販売する方法がおすすめです。

ただし、売値を自分で決められるメリットがある一方、自分で買取先を探すことになるため、いつ買い手がつくかはわかりません。個人間でのやり取りを行わなければならない点も要注意です。場合によっては、トラブルに発展する心配もあります。

食器棚は大型家具なので配送料が高額になりがちです。売値は配送料も考慮した金額をつけましょう。

店舗で引き取ってもらう

家具店で家具を購入する際に食器棚を引き取ってくれるケースが多いです。

購入した家具と同じ点数・同じ容量のものという制限付きになりますが、大手家具量販店では基本のサービスとなっています。

購入品が同じものである必要はないため、新しい食器棚を購入する予定がない場合でも利用できるでしょう。例えば、ベッドを購入した代わりに食器棚を引き取ってもらう、ということもできます。

引き取りは多くの場合無料ですが、引き取った後に処分する費用は負担しなければなりません。おおよそ2,000~5,000円が相場です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する処分方法は、部屋の中からの搬出からすべて任せることができる点が最大のメリットといえます。希望の日時に引き取りしてもらえるので、自分の都合に合わせて処分することが可能です。

不用品回収業者の費用は粗大ごみのように1ついくら、ではなくこの容量でいくらというように定められていることが多いため、食器棚以外にも捨てたいものがあるという場合におすすめです。

色々な処分方法があるんですね。メリットを比較・検討しながら処分方法を決めたいと思います。

はい。メリットがそれぞれ異なるので、費用を安く済ませたいのか、それともできる限り手間をかけずに捨てたいのか…自分にとって捨てやすい方法を選んでくださいね。

食器棚の処分で不用品回収業者を検討すべき場合

処分方法を比較してみると、不用品回収業者に回収してもらう方法がベストな処分方法だと感じました。でも費用がかかるので少し悩んでいます。どんな場合に不用品回収業者への依頼を検討するべきですか?

不用品回収業者に依頼する方法は、私が最もおすすめしたい方法です。自分の都合に合わせて処分できる、他に処分したいものも合わせて回収してくれるなど、メリットがたくさんあります。下記に当てはまる方は、ぜひ不用品回収業者への依頼を検討してください。

運び出すのが困難or面倒

食器棚はサイズが大きく、自治体で処分しようと思っても運び出すのが大変です。マンションだと廊下が狭くうまく搬出ができません。

不用品回収業者に依頼する場合、運び出しもサービスの中に含まれています。依頼した側は基本的に何もする必要がなく、すべて業者が作業してくれるでしょう。

無理をして運び出そうとすると体を痛めたり怪我をしてしまう心配があります。無理せず不用品回収業者を利用して楽に処分しましょう。

すぐに処分したい

自治体で処分する場合は、あらかじめ収集日が定められています。買取の場合もリサイクルショップの都合に合わせなくてはいけないことが多く、すぐに処分ができない可能性が高いです。

さらにオークションサイトやフリマサイトの場合、いつ買い手がつくかが全く予測できないため、すぐに処分したいときには向いていません。

不用品回収業者に依頼する方法なら、問い合わせをして最短即日で引き取ってくれる業者も多いです。遅くても数日以内に対応してくれるため、早く食器棚を処分したいときに便利です。

合わせて処分したい家具や家電がある

引っ越し・リフォーム・模様替えなどで食器棚だけでなく他にも処分したい家具や家電がある場合、1つずつ処分するよりも不用品回収業者に依頼した方が割安になるケースも多いです。

不用品回収業者の費用は1ついくらという計算をせず、これだけの容量までならいくら、というように金額が定められている料金設定になっているケースが多いです。その場合、決められた量を超えなければ料金は一律で利用できます。

また、不用品によって処分を依頼する先を変えたり分別したりする手間がかからないため、他にも処分したい家具や家電がある場合は不用品回収業者をおすすめします。

メリットがたくさんありますね。とにかく楽に、そして早く処分したい私にはぴったりだなと感じました。他に処分したいものも引き取ってもらおうかな。

他に処分したいものがあるなら、やはり不用品回収業者がおすすめです。まずは見積もりを取ってみて、費用を確認してみてください。

食器棚の処分を依頼する不用品回収業者の選び方

食器棚の処分を依頼する不用品回収業者の選び方

食器棚の処分を不用品回収業者に依頼することは決めたけれど、どうやって業者を選んだらいいのかも教えてほしいです。

わかりました。不用品回収業者はたくさんあるので、何を基準にして選んだらいいか悩んでしまう方も多いです。ここでは業者選びの際に押さえておきたいポイントを紹介しますね。

自治体から許可を取得している業者を選ぶ

家庭から排出される不用品を回収する際は、自治体からの許可が必要です。回収にあたり持っていなければいけない「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得しているかどうかを確認しましょう。

不用品回収の免許には他に「古物商許可」や「産業廃棄物収集運搬業許可」の2種類がありますが、この2種類だけでは家庭から排出される不用品回収はできません。一般廃棄物収集運搬業許可を取得していない業者は違法業者です。必ず取得していることを確認してください。

優良業者であれば、ホームページに認可番号を記載しています。自治体のホームページでも掲載されているため、照らし合わせて認可番号が正しいかどうかを確認しておけば、さらに安心です。

料金は事前に確認する

作業を終えてから想定外の高額な費用を請求された…というトラブルを避けるために、処分にかかる料金は事前に確認しておきましょう。

優良業者はわかりやすい価格設定になっている一方、悪質業者は料金体系が明示されておらず、わかりにくい価格設定になっていることが多いです。

料金を提示してもらったら、何にいくらかかるのか明確になっているか、相場よりも著しく高い料金設定になっていないかどうかをチェックしてください。

補償がある業者が安心

不用品回収で壁や床に傷がついた場合、補償があると修繕費を支払ってもらえます。搬出の際に細心の注意を払うはずですが、万が一家の中や物に傷がついても補償があれば安心です。

業者が損害賠償保険に加入しているかどうかも忘れずに確認しましょう。

見積りは複数社に依頼する

不用品回収業者を選ぶときは、1社だけに絞らず複数社に見積りをとってから決めるようにしましょう。1社だけに絞ってしまうと、見積りを受け取ってもその金額が適正なのかどうか、判断しづらいです。もし悪徳業者で相場より高い金額を提示されていても、比較のしようがなければ悪質な業者であるかどうかの判断もつきません。

複数社に依頼することで相場がわかり、相手が悪徳業者であるかどうかの判断がしやすいです。

優良業者であれば見積りだけでもとってみよう、というお客様でも快くOKしてくれます。

ただし、複数社といっても気になる不用品回収業者すべてに依頼してしまうと、逆に比較・検討がしづらくなってしまうので注意してください。

あらかじめ良さそうな業者を3社程度まで絞り、見積りを依頼して比較・検討しましょう。

会社の住所がわからない業者は要注意

不用品回収業者のホームページをチェックし、会社の住所が明記されていない場合は悪徳業者の可能性が高いでしょう。

不法投棄を繰り返し行いながら、所在を隠して罰則を逃れている恐れがあります。会社の住所がわからない=悪徳業者であるとは言い切れませんが、念のためにも依頼するのは避けたほうが賢明です。

回収実績や口コミを参考にする

不用品回収業者のホームページに回収実績があるかどうかを確認しましょう。また同様に口コミもチェックしておくとより安心です。

実績や口コミを参考にすることで、どんな業者であるかがわかります。

食器棚の処分を依頼する際は優良業者を選ぶことが大切

食器棚は大型家具なので、自分で搬出しようと思っても重たくて運べず、自宅付近の収集場所まで運び出すのも大変…という方が多いです。楽に処分したい、今すぐに処分したいという方には自宅から運び出してくれる不用品回収業者の利用をおすすめします。

食器棚を不用品回収業者に依頼して処分する際は、実績や口コミなどを確認し、複数の業者から見積りをもらいましょう。契約後のトラブルを避けるためにも、金額だけでなくサービス内容も確認しておくと安心です。