大きなスーツケースの捨て方や業者に依頼する際の費用相場

スーツケース

もう使わなくなって何年も経つスーツケースがあるのですが、粗大ごみで捨ててしまって問題ないでしょうか?

はい。スーツケースは粗大ごみとして処分できます。しかし費用がかかる場合もあるため、より負担が少ない処分方法を知り、自分に合った方法を選択しましょう。ここでは楽に処分できる方法をアドバイスさせていただきます。

スーツケースはしばらく使っていると、汚れや凹みなどができ、定期的に新しいものに買い替えるという方も多いでしょう。

そうなると、スーツケースをどのように処分したらいいか悩むものです。

スーツケースは粗大ごみとして処分することができるものの、もっと他の方法で処分できないかと考える人も多いでしょう。

せっかくだったらできるだけ楽に処分をしたいものです。

この記事では、大きなスーツケースの処分にお困りの方に向けて、スーツケースの基本的な捨て方とかかる費用、不用品回収業者に依頼する場合の注意点などを解説しています。

これから大きなスーツケースの処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

スーツケースの基本的な捨て方

スーツケースの基本的な捨て方

スーツケースを処分したいけれど、どんな方法があるかわからなくて悩んでいます。

最も定番なのは粗大ごみとして処分する方法ですが、実はその他にも処分方法が複数あります。

粗大ごみだと、自分が希望した日時に捨てられない、事前に申し込みをする必要がある、など意外と制限が多く面倒に感じる人も多いはずです。

いろいろと比較したうえで決められるように、まずは処分方法をチェックしてみましょう。

1. 自治体に粗大ごみとして回収を依頼する

スーツケースの処分が必要になると、まず誰もが考える方法でしょう。

ただし、スーツケースのサイズや素材によっては回収してもらえないケースもあります。

まずは自分の自治体で処分が可能かどうか確認してみましょう。

粗大ごみとしてスーツケースを処分する方法は以下の通りです。

  1. 電話・インターネットから自治体が開設している「粗大ごみ受付センター」に申し込みをする
  2. コンビニ・郵便局・スーパーなどで「粗大ごみ処理券」を購入する
  3. 粗大ごみ処理券に名前や受付番号など必要事項を記入する
  4. 粗大ごみ処理券をスーツケースに貼り付けて指定の日時に収集場所へ出す

自治体で処分してもらう場合は、事前の申し込みが必要です。

年末や年度末などは一時的に粗大ごみの量が増加するため、先着順で受付をする自治体もあるので、できるだけ早めに申し込みを行いましょう。

また、よくあるミスが粗大ごみ処理券の貼り忘れ・必要事項の記載漏れです。

処分費用として購入した粗大ごみ処理券の貼り忘れや剥がれがあると、自治体に回収してもらえません。

粗大ごみ処理券が貼り付けてあったとしても、必要事項が記載していないと事前受付していないゴミとみなされてしまい、貼り忘れと同様に回収対象にならない恐れがあります。

自治体は申し込みの時点で誰がどんなゴミを出すのか把握していますので、事前に申し込みをせず突然出したり、粗大ごみ処理券を貼らずに出したりするのは絶対にやめましょう。

自治体によっては住んでいる地域にある「粗大ごみ持ち込みセンター」に持ち込んで処分することもできます。

持ち込みはセンターが開いている間であれば、自分の好きな日時で持ち込みが可能です。

ただし事前に持ち込みの申し込みが必要であるのに加え、場所が遠い場合は運搬が面倒なため、自分にとって楽に処分できる方法かしっかり検討しましょう。

2. リサイクルショップで買取を依頼する

スーツケースとしてまだ使用できる状態であれば、リサイクルショップに持ち込む方法もあります。

買い取ってもらうことができれば、処分に費用はかかりません。

むしろプラスになることもあるので、ぜひ一度利用してみましょう。

依頼するリサイクルショップにもよりますが、最近のリサイクルショップは出張買取や宅配買取などを行っています。

サイズが大きくてお店に持ち込むのが面倒、リサイクルショップの場所が遠くて行くのが大変という場合は、出張買取・宅配買取を利用してください。

ただし、リサイクルショップに買取してもらえない場合もあることは理解しておきましょう。

また出張費用や宅配料などがかかることもあり、必ずしもプラスになるとは限りません。

リサイクルショップにあらかじめ問い合わせをして、スーツケースの買取は可能か、諸々の費用はどちらが負担するのかを確認しておくと安心です。

3. オークションサイトやフリマサイトで販売する

オークションサイトやフリマサイトは、最近利用する人が急増しています。

状態が良いスーツケースであれば、リサイクルショップで買取してもらうよりも高い値段で売却ができます。

オークションサイトやフリマサイトで売却する手順は以下の通りです。

  1. スーツケースの写真を撮って出品する
  2. 購入者が現れたらやり取りをして詳細を決める
  3. 発送する(受け渡しをする)

購入希望者は写真を見て、購入するかどうかを判断するため、できるだけきれいな状態にして写真を撮ることをおすすめします。

また購入者側が安心して取引できるように、こまめなやり取りも必要になるでしょう。

オークションサイト・フリマサイトの利用で最も注意しなければいけないのが、購入者とのトラブルです。

発送後、販売時には記載がなかった傷や汚れがあった、壊れていて使えなかったというクレームが入る場合があります。

販売ページでは傷や汚れの状態を記載し、壊れていないかどうかもしっかりチェックしてから販売するようにしましょう。

4. 友人や知人に譲る

誰かわからない人が使うのが不安、状態があまり良くなくて買取してもらえなかったという場合は、友人や知人に譲ることも検討しましょう。

スーツケースは丈夫な素材でできており、見た目は汚れていても使用には問題がないというパターンが多いです。

しかしリサイクルショップは見た目も重視するため、あまりに汚れているスーツケースは買取不可となってしまいます。

またオークションサイトやフリマサイトでも、見た目が汚れているスーツケースは人気がなく、なかなか買い手がつかないでしょう。

そのような場合は、友人や知人に譲る方法がおすすめです。

お互いに処分費用・購入費用がかからずにやり取りができます。

汚れがあって買取してもらえなかった、シールが貼ってあり剥がすのが大変というときは、周りの友人・知人でスーツケースを必要としている人がいないかどうか確認してみましょう。

5. 不用品回収業者に依頼する

スーツケースだけではなく、他にも処分したい不用品があるという場合は不用品回収業者への依頼がおすすめです。

粗大ごみと同様に処分費用はかかりますが、たくさんのごみを一度に処分でき、ごみの種類を分別する必要もありません。

不用品回収業者は問い合わせをし、最短で当日買取も可能としている業者が多いです。

もちろん自宅に引き取りに来てもらえるので、運搬する手間もかかりません。

楽に処分できるので、すぐに処分したい場合やとにかく手間をかけずに処分したいというときは不用品回収業者に依頼しましょう。

スーツケースの処分方法ってたくさんありますね。どの方法を選ぶのが正解なのでしょうか?

今回紹介した処分方法は、どれも正しい処分方法です。しかし、それぞれメリット・デメリットがあります。自分にとってよりメリットが多い方法を選択するのが良いでしょう。

スーツケースの処分にかかる費用

スーツケースの処分にかかる費用

スーツケースを処分する方法は理解できました。でも実際にはどれくらいの費用がかかるのか心配で…

できるだけ費用をかけずに処分したいという人も多いでしょう。実際に処分を依頼してから思ったよりも費用がかかったという事態は避けたいですよね。それぞれの処分方法でどれくらいの費用がかかるのか、見ていきましょう。

1. 粗大ごみ

自治体によって費用は異なりますが、300~500円程度で処分できるケースがほとんどです。

粗大ごみはサイズによって値段が決められているので、大きなスーツケースの場合は多く見積もって1,000円ほどかかる場合もあると考えておきましょう。

2. リサイクルショップ

リサイクルショップに持ち込めば無料で引き取ってもらえます。

状態によっては買取になりお金が受け取れるかもしれません。

ただし出張買取や宅配買取の場合は出張費や、宅配料の負担が必要になる場合もあるため、注意しましょう。

3. オークションサイトやフリマサイト

売却を前提としているので、処分に費用はかかりません。

保管状態やスーツケースのブランドによって買取金額は異なります。

4. 友人や知人

友人や知人に譲る場合、お互いに処分費用・購入費用がかからないような方法がベストです。

そのため、直接受け渡しでやり取りをすることになるでしょう。

ただし遠方に住んでいる友人や知人へ譲る場合は、どちらかが宅配料を負担しなければいけません。

譲る側が負担するのか、それとも譲り受ける側が負担するのかをあらかじめ話し合っておく必要があります。

5. 不用品回収業者

不用品回収業者は、スーツケース1つでいくらという計算ではなく、これだけの量でいくらというように量で費用を計算する場合が多いです。

スーツケース1つだと割高になってしまうことも多いため、他にも処分したいものがあれば合わせて依頼すると良いでしょう。

なるほど、どんな方法でも何らかの費用はかかると思っておいたほうがいいですね。

そうですね。それぞれの処分方法でかかる費用を把握しておくと、より自分にとって負担が少ない方法を選択しやすいです。費用面だけでなく、処分にかかる手間なども含めて比較できるといいですね。

大きなスーツケースの処分は不用品回収がおすすめ

大きなスーツケースの処分は不用品回収がおすすめ

スーツケースを処分する方法のなかで、プロから見て最もおすすめな方法はどれですか?

そうですね、どの処分方法にもメリット・デメリットがあるので難しいところですが、私は不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。その理由を紹介します。

不用品回収業者に依頼する方法がおすすめの理由は、とにかく楽な方法だからです。

粗大ごみは決められた日までに事前申し込みをする必要があり、その後粗大ごみ処理券を購入して定められた日時に出さなくてはいけません。

リサイクルショップに持ち込むとしても必ず売れるとは限りません。

オークションサイトやフリマサイトに出す場合は、写真を撮影して購入者とやり取りをするなど、想像以上に労力がかかります。

また友人や知人に譲るとなると、まずは譲り受けてくれる相手を探さなくてはなりません。

不用品回収業者に依頼する方法であれば、自分の好きなタイミングで問い合わせをして、都合が良い日時に訪問してもらえます。

同時に他の不用品も回収してもらえれば、今まで処分したかったものが処分できて家の中がすっきりとするでしょう。

楽に処分したい、できるだけ手間をかけたくないという人にとってはベストな処分方法です。

スーツケースを不用品回収業者に依頼する際の注意点

黒のスーツケース

不用品回収業者に依頼しようという気持ちが大きくなってきました。実際に依頼する際に注意点はありますか?

不用品回収業者といっても様々な業者があります。依頼してからトラブルにならないように、安心して処分を任せられる業者かどうかを確認しておきましょう。

信頼できる業者であるかをチェックする

不用品回収業者のなかには、悪質な業者が存在します。

高額な処分費用を請求したり、回収だけして不法投棄して利益を上げていたりする業者に依頼することがないよう、信頼できる業者であるかどうかは必ずチェックしましょう。

以下が信頼できる業者であるかどうかを判断するチェックポイントです。

  1. 古物商許可・廃棄物収集運搬業許可を得ている
  2. 見積もりを無料で出してくれる
  3. ホームページに固定電話や住所、今までの事例が記載されている
  4. スタッフの対応が丁寧で親切
  5. 見積もりの内容がわかりやすい

以上のポイントを意識して業者を探しましょう。

処分にかかる費用は明確にしておく

実際に処分してもらってから、事前見積もりと大きく変わった費用の支払いを請求されるというケースもあります。

もう運び出してもらったあとだと、支払いをしないわけにもいかなくなるでしょう。

そういったトラブルを未然に防ぐために、処分にかかる費用は明確にしておきましょう。

もし事前見積もりと違う点が発生したら、作業をする前に相談してもらうようにお願いしておくことをおすすめします。

悪質な業者に引っかかることがないように、注意しないといけないですね。

はい。すぐに引き取ります、安い費用で請け負いますなどと言いながら高額な費用を請求されるトラブルは後を絶ちません。本当に信頼できる業者であるかどうか、慎重に見極めてください。

大きいスーツケースを楽に処分するなら不用品回収業者に依頼しよう

スーツケースの処分方法にはさまざまな方法があります。

買取や売却ができれば良いですが、状態の悪いスーツケースは難しいかもしれません。

手間をかけず自分の好きなタイミングで処分ができる不用品買取業者は、最も楽に処分できる方法です。

不用品回収業者のなかには悪質な業者も存在しているため、信頼できる業者であるかどうかしっかり確認してから依頼しましょう。